Site Map

Please note:

You are viewing archival ICANN material. Links and information may be outdated or incorrect. Visit ICANN's main website for current information.

العربية 中文 English Français Español Русский 日本語 Deutsch Português 한국어 Italiano

レジストラ認定申請を完了するための手順

この文書は、情報提供だけを目的として複数の言語に翻訳されています。(英語の) 信頼できる原文は、以下から入手できます。 http://www.icann.org/en/registrars/instructions.htm

旧バージョンの手順書は、 こちら にあります。

目次

  1. 概要
  1. 背景情報
  2. 準備と必要情報
  3. 申請の提出
  4. レジストラ認定のスケジュール
  5. 機密資料の提出
  6. 申請の質問の回答手順

概要

ここでは、申請者が申請フォームを完成させるための手順について説明します。これらの手順では、 申請 に関する質問のそれぞれについての追加のガイダンスを提供します。質問は、 ICANN (accredit@icann.org) に送信してください。

  1. 背景情報

  2. 共有登録システム ( 「 SRS 」 ) は、米国政府と Network Solutions, Inc. ( 「 NSI 」 ) の間の協調的な取り組みであり、分野別トップレベル ドメイン ( 「 gTLD 」 ) の下でドメイン名の登録に競争を導入するものです。 ICANN の Web サイトには、共有登録システム、レジストラ認定プログラム、レジストラ認定プロセスにおける ICANN の役割、認定レジストラの権利と義務について解説する文書がいくつか用意されています。レジストラ認定のすべての申請者は、レジストラ認定申請に記入する前に、これらの文書を読んでおく必要があります。これらの文書は、以下のリンクからアクセスできます。

    • 根拠となる契約とポリシー

    • これらは、 ICANN 、 gTLD レジストリ オペレータ、登録名保有者、およびレジストラの再販者とレジストラのとの関係を規定する契約およびポリシーです。

    • 財務上の考慮事項

    • レジストラの申請者が ICANN 認定レジストラになる場合に支払う準備をしなけらばならない費用の一部を挙げたものです。

    • レジストラ認定の申請

    • ICANN レジストラ認定を申請するには、この申請フォームを完成させ、補助文書と共に ICANN に送信する必要があります。

  3. 準備と必要情報

  4. レジストラ認定の申請 を完了するには、以下の準備が必要です。

    1. 会社の財務情報を収集します。たとえば、銀行取引明細書などです。また、該当する場合には、第三者の検証を受けた年次報告書、保険証明書も必要です。
    2. 会社の技術情報を収集します。たとえば、申請書で指定されているように、ドメイン名登録サービス、顧客の登録データの電子バックアップ、すべての登録情報のセキュリティを提供し、会社が廃業した場合や認定レジストラとしての活動を終了した場合にも SLD 保有者のドメイン名の継続継続性を実現するための現有 ( または計画中 ) の技術力や、その他の現在 ( または計画中 ) の技術力の情報です。
    3. US 2,500 ドルの申請料金を支払う準備をします。
  5. 申請の提出

  6. すべての申請は、ハードコピーのフォームで提出される必要があります。電子メールによる申請は一切受理されません。申請を完了するには、以下の資料が含まれる必要があります。

    • 申請フォーム – 署名が必要です。
    • 申請の質問に対する回答。番号付けされた質問の回答別に、別々の用紙に記入または印刷します。質問の回答を添付の補助文書で提供する場合は、「 _________ を参照」と明記し、参照先の関連文書とページ番号を示してください。
    • 申請の質問に指定されているすべての補助文書。これらのそれぞれには、容易に識別可能なタイトルおよびページ番号を含めたラベルを付けて、文書情報の参照先を探しやすくする必要があります。すべての補助文書は回答ページの裏面に添付してください。
    • US 2,500 ドルの申請料金。申請料金は、小切手、為替、または電信送金で支払うことができ、申請資料に添付する必要があります。料金は、米国通貨建てでなければなりません。 ICANN への支払いに関する詳細については、 http://www.icann.org/en/financials/payments.htm を参照してください。デフォルトでは、申請に対する請求書は発行されません。請求書が必要な場合は、 accounting@icann.org まで連絡してください。

    申請書類はすべて揃った状態で、必ず書留郵便または宅配便を使用して下記住所の ICANN まで送付してください。

    Internet Corporation for Assigned Names and Numbers
    Registrar Accreditation
    4676 Admiralty Way, Suite 330
    Marina Del Rey, CA 90292 USA

    処理を促進するために、申請書類と補助文書の電子コピーを accredit@icann.org まで送信することが推奨されます。

  7. レジストラ認定のスケジュール

  8. 現在、 ICANN では、レジストラ認定の申請書一式を順番に受け付けています。申請書提出の期限はありません。 ICANN が申請書一式を受領してから 30 日以内に ICANN から申請者に受理報告が届けられます。追加情報、補助文書、または申請者から提供された情報の明確化が必要な場合には、 ICANN から申請者に直接連絡されます。

  9. 機密資料の提出

  10. ICANN では、レジストラ認定を可能な限り公明正大かつ透明な形で実施することを方針としてます 。この目的のために、 ICANN は、適切と思われる場合には、申請に関して提出 された情報を誰にでも自由に開示し、いかなる方法でも自由に使用することができます。 しかし、同時に、 ICANN では、申請者が認定に関するすべての文書と情報を提供するように 促進するには、提出した正当な企業秘密情報が ICANN で機密として扱われるように要求する機会を申請者に提供することが適切であることも認識しています。

    申請者は、認定の申請に関する提出情報の機密対応要求は避けるか、または少なくとも 最小限にすることが強く推奨されます。申請者は、申請資料の機密対応の指定を希望する場合、 ICANN に対する明確な通知を個別に申請書の前面に添付し、申請者が機密と判断する具体的な情報 ( 特定の質問の回答、特定の文書、文書内で ICANN によって機密に扱われる必要がある部分など ) を指定する必要があります。通知には、その情報に対して申請者が要求する開示や使用の制限を記載し、なぜ申請者がその正当な企業秘密を保護するためにそれらの制限が必要と考えるかを説明する必要があります。

    機密対応を要求する申請者は、詳細な検討の前に、 ICANN スタッフによって機密性について審査されます。 ICANN スタッフは、指定された情報に対して ICANN が機密に扱うことに同意する範囲を即座に申請者に通知し、申請者が 2 営業日以内に返答することを求めます。

    機密対応の条項について 2 日以内に ICANN と申請者が同意しない場合、 ICANN は、申請者からの機密対応の要求範囲について、申請者から有形の書面フォームで提出されたすべての機密資料を削除します。そして、削除された情報は、申請者の申請からは除外され、 ICANN スタッフによるレジストラ認定申請の審査には考慮されなくなります。また、削除された情報は開示されません。それ以外は ICANN によって使用されます。

  11. 申請の質問の回答手順

  12. 質問 1 ~ 18: これらの一般情報の質問は単純明快です。現在の情報を提供してください。いずれかの質問に回答できない場合は、申請書の質問の隣に明示してください。質問 #6 で要求されている文書の添付を忘れないでください。

    質問 19 および 21: 幹部、役員、マネージャ、または申請会社の 5% 以上を所有する団体または個人のいずれかが一覧のカテゴリに分類されるかどうかを指定する必要があります。該当する場合には、詳細を提供してください。

    質問 20: 申請者および申請書に表示された個人または団体が、 1 つまたは複数の ICANN 認定のレジストラの支配権を持つかどうかを示す必要があります。該当する場合、関係する個人および団体、それらが支配権を持つ対象のレジストラを一覧表示し、それらの間の関係を説明してください。

    質問 22: 申請者がサービスを実施するために使用する ( または使用予定の ) すべての URL やドメイン名を示す必要があります。 http://www.icann.org/ および http://www.internic.net/ のレジストラ リストには、 1 つの URL のみを挙げてください。申請が承認された場合に、その後に受け取る契約フォームでどの URL を挙げるかを指定する必要があります。

    質問 23: 既存の事業能力に関する情報を提出するか、申請の質問に応じた情報を含む総合的な事業計画を提出することができます。

    質問 24: 申請者が既に gTLD ドメイン名の登録を、 1 つまたは複数の ICANN 認定レジストラの再販者として提供している場合、再販者アカウントを通じて登録されたドメイン名をどのように取り扱う予定かが申請者に尋ねられます。認定の取得後、これらのドメイン名の登録をその将来的な認定に移転する予定の場合には、『レジストラ間の移転ポリシー』の「パート A 」を満たすことを確認する必要があります。

    質問 25 および 26: ICANN では、ドメイン名のレジストラントがそれらの登録ニーズのすべてに対する迅速なサービスを受けるように意図しています。それを実現するために、申請者はレジストラの義務に対応する資格のあるスタッフを十分に確保している必要があります。適切なサービスを顧客に提供できるのであれば、常勤の従業員と非常勤の従業員の組み合わせで十分なこともあります。同様に、申請者の状況において十分であることを示すことができれば、 5 名未満の従業員でも十分なことがあります。

    質問 27 ~ 37: 現時点において可能な限り詳細な回答を提供してください。また、近い将来にこれらの質問に影響する可能性があると予想される開発またはイベントを示してください。申請の最後に回答が正確かつ真実であることを証言するため、申請に悪影響を与えると考える情報を除外しないでください。 ICANN では、提供された情報の調査および検証を行う権利を保有しています。 ICANN の認定ガイドラインでは、レジストラの事業能力および運営に関して高い基準は設定されていません。ただし、 ICANN では、インターネットの運営に悪影響を与えることなく、すべての認定レジストラが登録の義務を十分に、正確に、安全に処理可能であることを保証する必要があります。 ICANN は、限られた上位の申請者のみを認定しようとしているのではなく、競争力のある登録サービスを確実に提供するための最低の運用基準を満たすことができるすべての申請者を認定するように務めています。

    質問 38 および 39: これらの質問は、レジストラ サービスの再販者の少なくとも 1 つと契約済みまたは契約を結ぶ予定の申請者のみに適用されます。再販者契約を締結していない場合で締結の予定がない場合には明示してください。

    質問 40: 現在実装しているすべてのセキュリティ手段の説明とともに、セキュリティ システムの案の詳細な説明を記述してください。ネットワークやデータベース、その他、このようなセキュリティ システムの作成経験はありますか ?

    質問 41 ~ 46: これらの質問は、現在の技術力がアーカイブ式の WhoIs タイプの情報およびデータベースの要件およびレジストラのデータ エスクロー要件に対応可能かどうかを評価することを意図したものです。どのように現在の事業 ( または事業計画 ) でこのような能力を確立し、サポートするかを詳細に説明してください。 Whois タイプのパブリック アクセス データベース サービスを構築および運用した技術経験はありますか ? 必要な電子データベースを構築し、毎日のバックアップ、アーカイブ、およびそれらのデータ エスクローを提供することは可能ですか ?

    質問 47 ~ 50: 自社の事業で何が起こったとしてもレジストラントの継続性を保証するために現有する技術力 ( または取得を計画中の技術力 ) の内容について可能な限り詳細に記述してください。 ICANN では、共有登録システムの安定性のために、レジストラの義務のこの要素が不可欠と考えています。また、これはレジストラの競争力の重大な基準でもあります。可能であれば、万が一事業が行き詰った場合に登録データを別のレジストラに移転する方法と、このような移転を迅速に実現する方法を説明してください。

    質問 51: 認定期間の開始時には、 US 70,000 ドルの流動資本 ( または申請者の現地通貨の相当額 ) が必要と考えられています。運転資本の証明としては、申請者の名前で即座に利用可能な十分なレベルの流動資本を示す銀行取引明細、保証付銀行ローンの証明書、信用状の証明書など、すべて一般に認めらた金融機関から発行されたものが必要になります。既存のレジストラ事業を保有している場合や、既存のドメイン名再販事業をレジストラ事業に転換する計画の場合、この申請書とともに、第三者の検証 ( たとえば、会計士の監査 ) を受けた最新の財務諸表を送付して、事業専用の十分な運転資本を保有することを示す必要があります。

    質問 52: 少なくとも US 500,000 ドルの証券総填補限度額 ( または申請者の現地通貨の相当額 ) が必要と考えられています。現在、企業総合賠償責任保険に加入している場合には、保険証明書を添付してください。そのような保険に現在は加入していない場合は、この申請書に保険の証明書を含める必要はありません。その代わりに、 ICANN では、一般に認められた保険会社からの保険見積書の同封のみを求めます。その場合、認定が有効になるための条件として補償範囲の証明書が必要となります。

    質問 53: この質問に「はい」と回答することで、申請者を代表してレジストラ認定契約 (RAA) を読み、理解したことを確認し、申請者が完全に適合することを確認したことになります。申請者が満たすことができない可能性のある条項がある場合には、そのセクションと申請者が満たすことができない理由を詳細に説明する必要があります。

    質問 54: 申請者が既存のレジストラの認定を自身の都合で移転しようとしている場合には、 自身の認定を移管するレジストラの法定代理人によって正式に記入および署名された 認定の移転フォーム を申請書に添付する必要があります。 ICANN では、対象のレジストラがその義務を全うしていない場合に申請を拒否することや、そのレジストラのコンプライアンス問題が解消するまで申請を保留することがある点に注意してください。認定の移転における移転元と移転先の管轄が異なる場合、申請の承認には、レジストラントがドメイン名を移転するために 2 週間の通知期間が設けられます。その場合、申請者は、レジストラントへの通知のコピーおよび、同一の通知がレジストラントに送付されたことの声明を ICANN に提出する必要があります。

     

    誠実な開示と署名の証言

    このセクションでは、すべての回答が申請者の知識の限りにおいて真実かつ正確であることの証言を求めています。また、回答内容を調査する権限を ICANN に与えます。さらに、この申請書に署名することで、 ICANN が契約する任意の第三者が回答内容を証明することを承認することにもなります。申請が処理されるためには、すべての申請書に署名が必要です。

© Internet Corporation for Assigned Names and Numbers